<acronym id="mgeql"></acronym>

      <acronym id="mgeql"></acronym>
      <acronym id="mgeql"><blockquote id="mgeql"></blockquote></acronym>
    1. <ol id="mgeql"></ol>

    2. <optgroup id="mgeql"></optgroup>
      <span id="mgeql"></span><span id="mgeql"><sup id="mgeql"></sup></span><span id="mgeql"><output id="mgeql"><nav id="mgeql"></nav></output></span>
      <progress id="mgeql"></progress>

      jp webtitle aboutswebtitle abouts img

      會社概要

      企業理念 

      當社は、ビジネスは売り上げだけではなく、ウィン?ウィンを追求するためのパートナーシップを大事するを基本理念としています。長期的なパートナーシップに基づいて、お客様の市場の優位性を強化して成功に導くことは、當社の基本理念です。 Costar はお客様と強く、長続きする提攜関係を確立し、 數々のリソースを提供し、いつもお客様の短期的および長期的戦略目標を達成することを目指します。

      當社の誇りは現代的な設備や製品ではなく、従業員の力でお客様が競合企業を抜けると信じています。 感謝と尊敬の心を持ち、お客様を支えて、お客様と共に市場の様々な挑戦をチャレンジする情熱を生きがいとする文化を育みます。 當社の運営チームと役員たちにお會いいただき、 彼らの Costar での仕事ぶりをお知りになれば、Costar の成功の鍵を見出すことができるはずです。 

      會社概要 

      Costar Electronics は、1987年に設立されました。Costar Electronics は高品質のメカニカルキーボードやICカードリーダチップ等の一連の製品を含む ODM 業務に集中してきました?,F在では、世界中で競爭力のある OEM/ODM 業務メーカーとなりました。

      1998年5月、Costar は移動性と可塑性に基づいた新しいエージェント業務の黃金期に入りました。 スマートカードリーダチップ技術の導入後、Costar は?M コマース?のリーダーとなり、成功と共にデジタル時代を確立しました。

      2008年、CostarはPCの周りの商品の市場の変化を観察し、そして新しいニーズを掘り出し、ゲーム専用のメカニカルキーボードを開発して、2010年ついに國內有數の株式上場會社の受注を獲得しました。

      通信が 21 世紀の花形産業となっていることを鑑みて、Costar はソフトウェア、ハードウェア、テスト、認証、システム統合を含め、お客様のあらゆる問題を解決するために完全なプロジェクトを提供します。 常に革新的な先端技術を開発し、柔軟な経営判斷を行えるし、初対面の変化にもよく対応できます。このような卓越性に基づき、Costar は臺灣に根ざしながら、多元的情報時代に迎えにいきます。

       沿革 

      1987 會社設立。 キーボードの生産?製造。
      ...........................................................................................................................
      1990 ノートブック請負部門の設立およびキーボード設計の開始。
      ...........................................................................................................................
      1992 ノートブック関連事業の終了、および特殊用途キーボードの設計、製造、販売事業の開始。
      ..........................................................................................................................
      1994 最初の DOS-V キーボードの発明、および製品の開発と販売を達成。
      ..........................................................................................................................
      1995 日本、IBM、東芝から特殊用途キーボードの受注獲得。
      ..........................................................................................................................
      1996 全國銀行協會から特殊用途メカニカルキーボードの使用契約を獲得。
      ...........................................................................................................................
      1998 SCM スマートカードリーダチップの代理。
      ...........................................................................................................................
      2000 アメリカのブルートゥース ソフトウェア解決計畫の獲得。
      ...........................................................................................................................
      2001 TI ブルートゥース ハードウェア解決計畫の獲得。 業務の拡張に伴い、會社を士林から內湖科學區に移転。
      ............................................................................................................................
      2003 OTi/Vino の代理。
      ............................................................................................................................
      2004 スイス Xemics 社とブルートゥース および GPS ソリューションの代理店契約を締結。
      ............................................................................................................................
      2005 日本 FILCO 社向け磁気メカニカルキーボードの開発成功および大量生産。
      ............................................................................................................................
      2005

      スマートカードリーダが E.M.V. (Europay/Master/Visa) 認証取得。
      臺灣銀行/土地銀行/第一銀行受注獲得。

      2005  IC カードリーダ製造に人力の投入を開始し、年末に初めて臺灣銀行に出荷
      2006  東莞生産管理センターを設立、臺北の組織に研究開発チームを追加し、デジタルテレビ受信機の研究開発に著手、年末に初めて日本市場に大量出荷を果たす。
      2006-Q4  臺灣で初めてISDB-T 1-SEG USB テレビ受信機用ドングルを日本市場に出荷
      2007  研究開発チームがデジタルテレビモジュールの研究開発に著手、ノートブック型コンピュータおよび衛星ナビゲータ等の製品市場への參入準備を開始、デジタルテレビ受信機は年末に初めてブラジル市場に大量出荷を果たす。
      2007  IC カードリーダを介して臺灣の各大手銀行(例:國泰世華銀行、土地銀行、京城銀行、中國信託および各公的機関等)の主要協力メーカーとなり生産にあたる。
      2007-Q1 臺灣で初めてISDB-T 1-SEG アップル MAC バージョン用 USB ドングルを出荷
      2007-Q2  Compal 社(仁寶電腦工業股份有限公司)へのアナログテレビ受信機/Minicard インターフェース出荷に成功
      2007-Q4   臺灣で初めてISDB-T 1-SEG モジュールを Quanta社(廣達電腦)に提供
      2007-Q4    臺灣で初めてSBTVD-T 1-SEG USB テレビ受信機用ドングルをブラジル市場に出荷
      .....................................................................................................................................................................
      2008 デジタルテレビモジュールを初めて國內各大手ノートブック型コンピュータOEM企業に出荷、デジタルテレビモジュール內蔵衛星ナビゲーションシステムを日本市場に出荷。
      2008  メカニカルキーボード FILCO ブランドを介してオリンピック E-Sports キーボード製造権を獲得。
      2008-Q1 臺灣で初めてISDB-T 1-SEG モジュールを日本のPND デバイスに提供
      2008-Q1  臺灣で初めてISDB-T 1/3-SEG テレビモジュールをJapan UMPC顧客に提供
      2008-Q2  Quanta社(廣達電腦)のサプライベンダーとなり、Quanta社(廣達電腦)の承認を擁する無塵 SMT メーカーの一つとなる
      .....................................................................................................................................................................


      Top
      Costar Electronics Inc. 住所:114臺灣省臺北市內湖路1段120巷13號3F-1

      電話:(886)-2-2627-5188 ファックス: (886)-2-2627-7626 sales@costar.com.tw

      ? 2007Costar Electronics Inc.
      久久久精品热线免费观看,色yeye免费高清在线视频,欧美日本一频道一区二区三区不卡,超碰免费在线观看,在线免费补卡av视频网站